PROFILE

唸る世界最速スラップベース、突き抜けるホーン隊。勇ましくネイティブなメロディーとリリックス。祭りを感じる熱狂的なグルーブ。ネオジンタ(Japanese hard march, polka, waltz)という特異なバンド形体。
2004年極東・浅草で孤高の土着型ロックバンドとして結成、三遊亭小遊三師匠より、浅草ジンタ(あさくさじんた、 Asakusa Jinta)と命名される。客員として落語芸術協会所属。小遊三、歌丸師匠をはじめ、ビートたけし、楳図かずお等、蒼々たるメンバーとのコラボレーションや、地元浅草に根ざした活動を常にしつつも(東京都台東区主催のしたまちコメディ映画祭では、メインテーマ「君がこの街にやってきて」を提供)、フジロックフェスティバルや朝霧JAMなどの国内の重要なフェスには連続参加し、インターナショナルなステージでの評価も高い。
これまでに、アメリカ、スウェーデン、フィンランドツアー、オランダのLOWLANDS 、UKツアーなどを経て、2013年には世界最高峰のフェス、グラストンベリーへの出演を果たした。バンドの活動の原動力であり、ポリシーでもある「ローカル&グローバルな活動」を実践しつづけ、2014年には活動10周年を迎える。現在は最新アルバムの制作をすすめながら、円熟期を迎えたライブバンドとしてより積極的に国内外で活躍中。

ASAKUSA JINTA takes their name and inspiration from the Tokyo historic District where jintas (roving Japanese street bands) once filled the streets. The Band’s mixtures of punk, ska, swing, and march music (performed by the six-piece outfit including standup bass, horns, and rhythm section) began driving audiences wild in 1999. Asakusa Jinta’s dynamic display earned a reputation throughout their hometown of Tokyo for vibrant (bordering on frantic) live performances, featuring outlandish swing-era-gone-mad costumes and typically standing-room-only halls. With a horn section prone to marching through the packed audiences and a front man / bass player whose vocals conjure images of a carnival barker, Asakusa Jinta bring the spirit of chindon’ya (traditional Japanese street performance) to life.
ASAKUSA JINTA broke new ground at the 2007 South by Southwest festival in Austin, performing as part of the festival’s Japan Nite showcase, and have appeared at international festivals such as Lowlands, Stockholm’s “Kulturfestival” and Finland’s “Helsinki Festival”, as well as Japan’s own “Fuji Rock” festival, leaving audiences wowed. In 2009, they brought their show to the UK, performed 6 shows across the country!. In 2011, their 4th album is out sinceJuly 7th and they will prove their Asianican Hard Marching sounds is genuinely original yet international dance music to the world.

Comme Takashi Murakami entre autre, issus de l'université des arts de Tokyo, Geidai, les membres du groupe Asakusa Jinta qui prend son nom et son inspiration du fameux quartier historique de Tokyo, Asakusa, dont les jintas (street-bands japonais des annees 30) animaient les rues jadis.
Mélange de punk, ska, psychobilly,swing, et musique Enka (contrebasse stand-up, cuivres, et section rythmique) Asakusa Jinta a commencé à se produire en 1999.
Avec une section de cuivres qui se balade dans les salles combles et un lead / bassiste dont la voix évoque les images d'un bonimenteur de carnaval, Asakusa Jinta transmet l'esprit du chindon'ya (traditionnel spectacle de rue japonaise).
ASAKUSA Jinta a su brillamment seduire son public a l'etranger des 2007 grace au Festival Southwest à Austin, et lors de leurs apparitions dans des festivals internationaux tels que Lowlands, de Stockholm "Kulturfestival» et de la Finlande "Festival d'Helsinki", mais aussi "Fuji Rock" festival au Japon.
En 2009, ils ont exporté leur spectacle au Royaume-Uni, réalisant une demi-douzaine de show à travers le pays.
En 2011, leur 4ème album explose les ventes et prouve que leur son Asianican Marching en plus d'etre original et authentique meme pour les japonais, est pret a faire danser la planete sur un nouveau rythme.


Oshow Vocals / Double Bass

[オショウ] Woodbass vocal担当
浅草ジンタのリーダー
4月26日生まれ B型

他:月×+(ソロプロジェクト)、DJ、もがけ下町浅草どやフォーク企画

P.S「宇宙に向かってスラップ!ビールで一揆!」

Shinya Guitars

[シンヤ] Gt担当
11月18日生まれ AB型

他:現在 月×+(ソロプロジェクト)に参加

P.S「ミドルクラス国家のこの国で、まさかの労働者階級に生まれ、リアルワーキングクラスヒーローを目指すべく、ギターを手にして世界を股にかけたりしてます」

B-Ken Euphonium / Tuba

[やっさん](B-Ken)
Euphonium , Tuba , Marching dram 担当
8月21生まれ A型
広島県福山市出身 お好み焼きが絶品!

他:ROLLING CRADLE(浅草BARハハハ)

P.S「おかあさんまだ帰れません」

Seasir Trumpet

[シーサー] Tp担当
9月2日産まれ B型

他:TheNo problems(モンゴル800のキヨサクのソロプロジェクト)、上江洌. 清作&The BK Sounds!! など 様々なレコーディングにも参加中。

P.S「ピース!ピスピス!」

Yottsu Drums

[yottsu] Drum担当
3月20日生まれ A型

他:SOBUT

P.S「こよなくドラムを愛す!ビールおかわり!」

バンド年表 (浅草ジンタ原型からの流れ)

‘96 ハード・マーチング・バンド”デスマーチ艦隊”結成
‘97

08月 メジャー・デビュー 1stアルバム 『魂のしわざか』 リリース。音源多数

‘99 コンセプト・オムニバス・アルバム 『ASIANICA』 リリース
東京・渋谷ON AIR WESTワンマン・ライブ
同年、”マッハマーチジャポニカ” 結成
‘00

07月 “百怪ノ行列” に改名。浅草に拠点を置く

‘01

04月 1stアルバム 『今日は凶です。恐怖です!』 リリース
2ndアルバム 『浅草キケン野郎』 リリース

08月 落語芸術協会主催 「はなし塚まつり」 パレード初参加

‘03

08月 鉄拳DVDエンディング・テーマに楽曲 「グッバイ涙の半笑い」 提供

‘04

01月 三遊亭小遊三師匠からバンド名 “『浅草ジンタ” を襲名。落語芸術協会客員となる
ローカル・グローバルを指針に始動

‘05

01月 浅草ジンタ初アルバム 『浅草ロック』 リリースーたけし詩集 「僕は馬鹿になった」 から 「浅草ロック」 を曲に

02月 デスマーチ艦隊「知ラヌガオトボケ」DVD化、発売

08月 つくばEXPRESS開通記念ソング 「浅草音頭」 (マキシシングル)リリース
浅草野外フェスティバル 「隅田川リバーサイド天国」 を隅田川にて開催

11月 浅草 「第17回東京時代祭り」 を始め浅草代表として数多くの祭りイベントに参加協力

12月 社団法人落語芸術協会×浅草ジンタのアルバム 『芸協音づくし』 リリース

‘06

02月 東名阪クアトロ・ツアー

04月 浅草野外フェスティバル 「隅田川リバーサイド天国」 を自主発起、開催

05月 楳図かずお漫画 「猫目小僧」 主題歌 「あしゅらの道のまん中で/猫目小僧」 リリース

08月 浅草野外フェスティバルを隅田川にて自主発起、開催
世界に向けての活動開始

‘07

01月 浅草ジンタ 2ndアルバム 『ゼロの空』 リリース

03月 SXSW(サウスバイ・サウス・ウエスト)出演、アメリカ・ツアー敢行
東京・渋谷Club Quattroにてツアー・ファイナル
ポケットモンスター映画 ダイヤモンドパール 『ディアルvs.パルキアvs.ダークライ』 の挿入歌 「夏でSUKA?」 演奏提供

08月 ヨーロッパ・ツアー ストックホルム・カルチャーフェスティバル招待、ヘルシンキ・フェスティバル招待、アムステルダム公演他
スウェーデンのTV、各国の新聞に大きく取り上げられる

11月 浅草Kurawoodにて自主イベント 「ロッキン新天地」 再開
Vapレコードより クリスマス・ソング・オムニバス 『Jingle All the Way!』 参加発表

12月 完全自主制作限定マキシシングル 『FES!FES!FES!』 を発表

‘08

04月 浅草老舗レコード店 「音のヨーロー堂」&池袋「タワーレコード」2店舗200枚限定マキシシングル 『天辺』 『ギラギラダンス』
『グランドキャバレット』 『東京砂漠で地団駄』 『運命』 を5ヶ月連続リリース

08月 東京・渋谷O-Westワンマン・ライブ
ヨーロッパ最大、オランダの夏フェス “Lowlands2008” に出演

10月 映画 『ゆめまち観音』 エンディング・テーマ 「夏の空」 提供

11月 第1回したまちコメディ映画祭in台東に 「君がこの街にやってきて~Acoustic Version~」 提供

‘09

03月 アメリカSXSW2009に出演

03月 3rdアルバム 『刹那』 リリース

06月 東京・渋谷club asiaツアー・ファイナル

07月 Fuji Rock Festival’09出演@Crystal Palace Tent

09月 「君がこの街にやってきて~Acoustic Version~」が したまちコメディ映画祭in台東の公式サポーターソングに決定

10月 英国初上陸ツアー

‘10

04月 浅草空きビルにて400人招待フリー・ライブ 『ロッキン新天地~山田編~』 敢行

05月 アルバム 『刹那』 韓国でリリース

‘11

03月 東日本大震災

07月 待望の4thアルバム 『闇夜でダンス』をリリース
フジロックフェスティバルに2回目の参加

12月 東京キネマ倶楽部でリリースツアーファイナルLIVEを MONGOL800を迎えて開催

‘12

04月 新ドラマー、ヨッツ(YOTTSU)加入 ARABAKI ROCK FESTで鮮烈なデビュー

07月 オランダツアー

10月 朝霧JAMに出演

11月 昭和歌謡をモチーフにカバーアルバムシリーズ、『NIP POP』リリース

‘13

05月 浅草ジンタ初のベスト・アルバム 「BEAT THE GLOCA-RHYTHM!」リリース

06月 宮古島ロックフェスティバル - MIYAKO ISLAND ROCKFESTIVAL-に出演
世界最大級のフェスティバル、GLASTONBURY(グラストンベリー)に出演

07月 FUJI ROCK FESTIVAL '13 に3回目となる出演を果たす

10月 初の劇伴制作となる日本テレビ 10月期水曜ドラマ「ダンダリン 労働基準監督官」サウンド・トラックを担当

11月 「ダンダリン 労働基準監督官」サウンド・トラック
ドンガラガン/ゆうやき EPを配信のみでリリース

12月 浅草ジンタ10周年イヤーの幕開けとなる大晦日公演を東京キネマ倶楽部で開催

‘14

05月 日本テレビの長寿番組「笑点」に念願の初出演

© F.E.U. Inc ALL RIGHT RESERVED.